Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[96] 非常時に一丸となるアメリカ  2011/03/22 15:56:22
掲載日:09/22/2001  E-Mail  Home
 9月11日火曜日、一瞬にして5000人もの犠牲者を出した同時多発テロ事件は世界を驚愕させた。

 テレビにくぎ付けにされた人々は、驚きと衝撃に呆然となり、次には理不尽なテロに対する激しい怒りが湧き上がった。目の前に展開される信じられない光景、激突する飛行機、炎に包まれる高層ビル、落下する犠牲者、崩れゆく巨大な建物。見る間に犠牲者の数が膨れ上がり身近な身内や知人の安否を確認するため電話やe-mailが飛び交う。

 事件と同時に、政府系の建物はすべて閉鎖されて半旗が掲げられ、多くの人達が献血に列を作った。瓦礫をかき分けるバケツリレーの救出作業に水を配る人、プラカードで励ます人。町を走る車や家々には国旗が掲げられ、小さな子供までがコインの大ビンを持ち寄って献金をする。人々は胸に3色のリボンをつけ、祈りの日には全国で集会が開かれ、街角にはキャンドルを持った人々が集まった。大統領には即座に報復攻撃への権限が与えられ、非常時に一丸となるアメリカを目の前にみた。

 アメリカは多民族の移民国家である。どの国からやってこようが一定の条件を満たしてアメリカの市民権を取ればみんな同じアメリカ人になる。とはいっても宗教や文化的背景まで変わるわけでなく普段は様々な文化的背景を背負った人種が各々のコミュニティを作って暮らしている。これがいざ非常時となれば一瞬にして競ってアメリカ国民であるあかしを立てようとする。「このようなときに国家に忠誠を示さない者はアメリカに住む資格はないよ」というような空気がみなぎるのだ。そしてその時に示した行動がその後のコミュニティへの評価につながってゆくのだろう。

 とすれば非常時に一丸となるのは、移民国家アメリカの社会構造なのかも知れない。多くは純粋にそのように行動しているのだろうが、どこかに「この時にこそ行動で示さねば!」の意識が働いている人もいるだろう。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com