Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[87] インドネシアからの報告  2011/03/22 15:48:10
掲載日:02/16/2001  E-Mail  Home
 「危険な17歳」。以前は子供から大人への、精神的にも肉体的にも、性的にも、大きく変わる多感な思春期の心の揺れ動く状態をこう表した。今は、バスハイジャック、金属バット殺人、一家刺殺事件に代わり、文字通り「危険な17歳」。「むしゃくしゃした」「世間を騒がせたかった」「親に恥を掻かせたかった」「人殺しを経験してみたかった」など、そこには体や心の変化に戸惑い、内なる声に耳を澄まそうとする繊細で微妙な姿勢は見られない。直情的で抑制の効かない暴力が暴発しているだけのように思える。20歳になってもまだ幼稚。成人式で市長にクラッカーを打ちつけ、酒を飲んで騒ぎ、知事に野次や罵声を浴びせる。皆が皆そうなら世の中救いがない。

 シンガポールに滞在中の女子学生からe-mailが届いた。「インドネシアのビンタン島に行ってきました。アメリカ人、カナダ人、オランダ、日本人の交換留学生5人。英語も通じず、身振り手振りのハラハラドキドキ旅行。宿の当てもなく、親切なタクシーの運転手さんが素敵な水上宿を見付けてくれました。シンガポールでは、携帯電話やパソコンなど、ハイテク嵐の生活をしているので、久々に静けさにつつまれて、幸せな週末でした。

 翌日は、ダウンタウンへ。6〜7歳の男の子が靴磨きをしたくて涙ながらに声をかけてきたり、もっと幼い子供たちが道端に座りこみ、目の前のバケツを一生懸命振ってお金をねだったり。どの子供もとても痩せていて、澄んだ大きな瞳がとても印象的。シンガポールではモダンな生活が、ほんの1時間ほどフェリーに乗っただけで、このような「本当の世界」に着いてしまうとは、とても信じがたい。治安、衛生、教育など、様々な問題が絡み合っているこのインドネシアの小さな島で、色々と考えさせられました。」

 若者がすべて悪くなったわけではない。真摯に自分を磨き、様々な国の人達と友人の輪を広げている若者も大勢いることにほっとした。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com