Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[79] 初の在外投票を終えて  2011/03/22 15:41:11
掲載日:07/01/2000  E-Mail  Home
 6月25日、衆議院議員選挙で初の在外投票が実施された。自分にとって投票するのは21年ぶり、日本にいるときは義務感で行っていたが今度は期待に満ちて投票した。

 昨年5月、受付初日に登録し早めに請求したので充分間に合って投票用紙が届いた。やってみると登録から投票まで意外と面倒で手間が掛かる。投票に3種類もの封筒があり、必要事項を書き入れ、何度も念押しをして記念にデジカメで写した後に「無事に届けよと」と言い聞かせて送った。

 政府発表によると、海外の日本国籍保有者は約79万人と推定(外務省)され、そのうち有権者は59万人。選挙日までに選挙人に登録したのは五万八千五百二十五人、実際に投票したのは一万六千九百九十六人(投票率29.0%)に過ぎない。

 日本からは海外有権者の登録数の低さが指摘されたが、登録・投票手続きの煩雑さ・複雑さが阻害要因で大いに改正の必要がありそうだ。
これを国内に適用すると、北海道の有権者は札幌の道庁へ出向き選挙人登録。道庁から送られた各選管は選挙人証を発行し有権者に送る。選挙のたびに有権者は選挙人証を添えて選管に投票用紙を請求。選管は公示を待って投票用紙に3種類の封筒、選挙人証を添え有権者に送る。有権者は投票用紙に支持政党を記入して選管に郵送。その間の旅費、郵送代は一切個人負担だ。

 さて、選挙結果は、与党連合が大幅に数を減らしたにもかかわらず、絶対安定多数が確保できたという理由で早々に森首相・野中幹事長の続投が決められた。与党各党が軒並み大幅な後退をしながら責任者が責任を取らないで済む日本の政界はどうなっているのかと疑問に思う。

 経営者も政治家も結果に対する責任を取るのは自明の理である。不可解な日本の政治状況は、外国人に「不透明な日本のシステム」という印象を与えあらゆる場面で我々海外在住者に跳ね返ってくる。来年の参議院選挙にはもっともっと海外からの声を反映できるよう選挙人登録者が増えることを期待したい。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com