Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[61] エジソン収集品  2011/03/22 15:30:14
掲載日:03/03/1999  E-Mail  Home
 ロスアンゼルスに日本人で最大のエジソン製品の収集家がいるのをご存知だろうか。K氏は特許を扱う弁理士・弁護士で、エジソンに興味を抱き収集家になったのもうなずける。

 ある日、20人程で母と子のエジソン収集品見学会を催した。目の前で蝋管にレコードした蓄音機が音楽を奏で、その場で録音までできる。その他アイロン、コーヒーメーカー、扇風機といずれも未だに立派に使え、デザインが現在のものと見劣りせず斬新なのに驚いた。竹で作ったフィラメントの電球が何とも暖かい光を放った時には一同感嘆の声が漏れた。参加した子供達は高校生が主だったが、本物に手を触れると目の輝きが違ってくる。K氏の熱のこもった数々のエジソンのエピソードに身を乗り出して聞いている姿が印象的だった。最後は100年前のトースターでパンを焼いて食べたが、皆凄い凄いと興奮していた。

 好奇心に溢れるエジソンは8歳で小学校に入学したが先生を質問攻めで悩ませた。しまいに先生はエジソンを馬鹿とののしり自信を失ったエジソンは登校拒否に陥った。その母親はエジソンの好奇心を抑えることなく百科事典を教科書に教育をした。

 高等教育を受けなかったエジソンは、理論にとらわれることなく何でも一つ一つ実験してみなければ納得しなかった。電球の発明で7千種類もの竹を集め、1万回以上繰り返した実験も、彼の飽くなき好奇心を満たすためであった。「好きこそものの上手なれ」人間誰しも好きなことには寝食を忘れて熱中する。
蓄音機、映写機、電話、ラジオ、テープ用録音機、シリンダ型録音機、印刷機、トースター、アイロン、コーヒーメーカー等、彼の発明は1093件に及ぶ。

 K氏はこの千数百点に及ぶ貴重な収集品を日本へ手放すことを決心した。このように素晴らしいエジソンを日本の子供達に知ってもらい、本当の創造力を発揮する第2、第3のエジソンが出現して欲しいというのがその願いである。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com