Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[60] 灰色鯨  2011/03/22 15:29:40
掲載日:02/10/1999  E-Mail  Home
 ロスアンゼルスの海岸では2月から3月にかけて沖合いに鯨が見られる。ランチョパロスベルデス市、ポイント・ビンセント・インタープリティブ・センターは、陸から鯨を見るにはロスで最高のポイントとして知られている。

 先日、ここを訪れると、多くのお年寄りが小さな日傘を付けた携帯用の椅子に座り、、手に手に双眼鏡を持って沖合いを眺めていた。この人たちは「ホエール・ウォッチ」というグループのメンバーで、全米鯨類研究協会とカブリロ海洋博物館の後援を受けている専門家達だ。この日は昼過ぎだったが、本日観察された鯨5頭が記録されていた。

 パンフレットによると、沖合いを通るのは灰色鯨で体調11〜14メートルにもなる。夏の間はベーリング海、チュクチ海の浅瀬で食物を取り、秋になるとメキシコのバハ・カリフォルニアの温暖で遠浅な海(ラグーン)に向かって移動する。その距離約1万キロメートル、目的地に着くまで1日約150キロメートル平均7キロの速さで夜の泳ぎ続け、2、3カ月かかるそうだ。移動中またはラグーンでは、あの体で時折しか食物は取らないそうだから北の海でどれだけの食い溜めをするのだろうと驚く。ラグーンで出産した鯨は3ヶ月ほど留まり、子鯨に授乳する。授乳は移動期も入れて4ヶ月続き、1年で8〜9メートルにも成長する。

 終戦後日本で鯨肉は貴重な国民のタンパク源。安い肉として赤みの鯨肉が頭に浮かび、学生の行きつけの食堂では鯨カツ定食が定番だった。何隻ものキャッチャーボートを引き連れた母船が船団を組み北洋で活躍する姿がニュース映画で報道されたものだ。今は捕鯨禁止で僅かに200頭ほどが調査用に許可されているに過ぎない。

 観鯨船に乗り間近に鯨を見ると肌に牡蠣のような白い斑点があるその巨体に圧倒される。日本では食物としての鯨がカリフォルニアでは人間の近しい友として遇されている。今がシーズン、鯨を見るチャンスだ。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com