Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[58] カードに想う  2011/03/22 15:27:01
掲載日:12/30/1998  E-Mail  Home
 子供たちが待ちに待ったクリスマスも終わり、1月元旦まで仕事にも手がつかず、なんとなく肩の力を抜いた日が続く。遠く近くの友人・知人から届いたグリーティング・カードを並べて眺めるのもこんな時だ。

 今年は特に心に留まったカードが2通あった。1通は若いご婦人からで、裏に大きくスノーフレークを版画風に押した紺色の台紙に白い柔らかな手漉き和紙を貼り、淡い色を何色も使って半月の船に乗ったウサギが二匹釣り竿を垂れている。下は一面の大きなモミの木の森、その1本をクリスマスツリーに見立てててっぺんに金色の星を置き、月の船から星を釣っている。釣りマニアのご主人からの発想だろう。もう1通は、画家のS氏から贈られたもので、大型のカード大の板に油絵が描かれている。黒地を背景に右隅から曙の空を思わせる明るい灰色の空が広がり、右上から中心にかけて一条の星のようなものが飛来してくる。星のようなものは近づくにつれうすい黄色の光の輪が広がり、白から濃い金色となって闇を照らす。絵の裏には、『愈々今世紀最後の年となりました。力強い「自信」と「希望」そして「夢」を持って力一杯生きて行こうじゃありませんか』と書かれている。二つとも手作りの心のこもった暖かさがジンと伝わってくる。

 今年は流行なのか日本からは開くと立体になるカードが5、6通もあった。子供たちの写真をカードにしているのはどれも微笑ましい。もうこんなに大きくなったかなという驚きもある。

 毎年毎年、今年こそは11月中にすべてのカードを書き終わって、サンクスギビングデーが過ぎたらすぐに出そうと心に誓う。ところが雑事に追われ、気がつけばもうクリスマス直前。大慌てでカードを書き、しまいには電子メールで送らないと間に合わない。

 一つ一つ心のこもったカードを目の前に、よし、来年こそは余裕を持って準備しようと今年も心に誓った。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com