Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[50] 20歳の国民英雄  2011/03/22 15:23:02
掲載日:07/15/1998  E-Mail  Home
 セ・リ・パク、20歳の韓国女子プロゴルファー。今年の全米女子プロに優勝し、全米女子オープンでは同率首位、翌日20ホールの延長戦の末、史上最年少の優勝を果たしたルーキーである。

 そして続く今週のトーナメントでは、女子プロ初の18ホール10アンダーパーの新記録、合計23アンダーの女子プロ史上新記録でぶっちぎりの優勝。通貨危機から国内経済が非常事態に見舞われている韓国では、この明るいニュースに沸き返っているに違いない。

 日本も終戦直後、焼け跡、闇市で、人々はその日その日を暮らすのに精一杯だった。そのような時、全米水泳選手権大会で、古橋、橋爪の世界記録続出による優勝により、日本の国民全体がどれほど勇気付けられたことか。敗戦により、国も三流、人も三流と自信を失い、誇りを喪失した日本人に再び自信と希望を取り戻させたのは、実に古橋、橋爪選手達の活躍であった。

 この20歳の女子プロは、物怖じすることなく堂々と記者の質問に答え「私は私のスタイルを保つ。決してタイガーウッズのスタイルではない」と言い切る。アジアの女性タイガーウッズと異名を取るパクだが、自分は自分という自負がある。コーチがやり過ぎを心配するくらい練習に、英語の勉強に励んだ自信が言わせる言葉であろう。一流の選手になるには直接のコミュニケーションが出来る英語が不可欠と自覚している。

国民にどれだけの希望を与えたか自分では考えてもいないだろうが、優勝した彼女の笑顔はあくまでも若々しく爽やかであった。

 日本では、参議院選挙も終わったが、バブル崩壊以後の立ち直りが出来ずに橋本政権の退陣。まだまだ不況からの出口は見えてこない。景気は国民の気の持ち方に左右されるところが大きい。日本にも早く希望と自信を取り戻せるきっかけが欲しいものだ。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com