Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[4] 4人の戦士  2011/03/22 14:41:31
掲載日:02/29/1996  E-Mail  Home
 駐在期間を終え、帰国を目前にしたH氏の送別会に招かれた。八人ほどの極く内輪の送別会だった。彼にはバカを言い合える仲間が三人いる。H氏を含めたこの四人は「戦士の誓い」なるものを立てた。戦士とは戦後の日本の経済発展を支えてきた企業戦士のことである。

 戦後、日本の企業戦士はあらゆるものを犠牲にして、ただひたすら会社の命ずるままに働いてきた。高度成長期が終わった今、暫し戦いの手を休めて静かに周りを見まわす。子供達は巣立とうとし、企業戦士として残された時間は幾ばくもない。

 人生のたそがれの光がほの見えてきた時、彼等四戦士は余生を有意義に楽しむべく「オーロラの誓い」を打ち立てた。
「我々団塊の世代は生まれてこの方、競争の世界に身を置く戦士として日本経済を支えてきたと自負するものです。しかし齢すでに五十歳にならんとし、定年まで余すところ十数年となりました。将来は、米国に住みついてしまいそうな戦士、会社の肩たたきに会いそうな風前の灯戦士、女狂いの重役になりそうな戦士、ゴルフの回数だけはプロゴルファー並みの戦士、聖徳太子の金庫番のような任務につく戦士、と様々ですが、誰もが年を取り定年を迎えることは事実です。我々戦士四名はこれからの残された人生をより有意義に、より楽しくするため、先ず『オーロラの誓い』を立てるものであります」

 オーロラの誓いとは、一人が定年になった時、皆でアメリカ横断ゴルフの旅をする。ワゴン車を交代で運転しながら自炊し、気ままに有名ゴルフ場を巡る。最後には北極に到達し、オーロラを見ながら八十歳を迎えた時の「西日の誓い」を立てるのだそうだ。
 また、「白寿の誓い」として、「最後に人の迷惑を省みず生き残った戦士は、不幸にして惜しまれながら先に天国に往った戦士、または地獄に落ちて往った戦士の墓参りをする」という。

 他人にはたわいのない戯れ事だが当人達は大真面目、送別会の席上を飛び交う遠慮会釈のない悪口とジョーク、そこに彼等の強い心のきずなを見た。いつの日か四人の戦士が肩を寄せ合って、北の空を彩る怪しくも華麗なオーロラの舞いに見とれて立ち尽くす日が来るだろう。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com