Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[189] 海外日系人大会  2011/03/22 21:12:20
掲載日:11/18/2009  E-Mail  Home
 10月14日から3日間の海外日系人大会は、海外各地から300名以上の日系人が参加し、第50回の節目を迎えた。日本でもリーマンショック以来の世界同時不況のあおりを受け、南米を中心とする在日日系人の失業問題は深刻さを増している。今大会の総合テーマは「海外日系人社会と日本―海外日系人大会半世紀を振り返り共生と繁栄を求めてー」であった。

 2日目の代表者会議が実質的な討議の場。各テーマごとに予め届け出た発言者の発言内容に従って討議が進められてゆく。最後に討議内容をまとめた大会宣言を採択、やがて機関誌に記載され各地の日系人社会や各省庁・地方自治体に広く配布される。次に印象に残った討議内容をご紹介したい。
 
 1)深刻な在日日系人の雇用・生活・帰国問題に直面し、技能訓練、日本語教育、相談窓口などの様々な具体例が紹介され、国の支援策に頼るだけでなく自分たちで自覚・自衛策を講じ日本人の貯蓄・辛抱・努力などを見習おう。

 2)自分たちは何ができるか、そのために海外各地の日系社会同士、横の連絡と経験の共有化を進めよう。

 3)高齢化やコンピューター化した日系社会の変化に伴い、いかに若手のリーダーを育ててゆくか?政府の留学生・ボランティア受入れプログラムで招かれた日本国内居住の若手を中心の「ユースの会」が連携と活動で実績を上げており、その発表は将来に明るい希望を持たせた。

 4)日本語には言葉以外に固有の精神面(忍耐・努力・貯蓄、公の心、謙譲・献身など)が伴うことが紹介され、日本精神を重視した日本語教育は参加者に強い印象を与えた。
 
 大会宣言には「在外選挙権の拡大と充実」も盛られ、実りある大会となった。以前は苦労した日系人を祖国へ暖かく迎え交流と国際理解が主目的であったが、今回は若い世代にリーダーが育ちつつあり、日系人というアイデンティティを核に横の連携をとりつつ自分たちの問題解決と新たな日系社会の構築が始まっていることを感じた。強力な日系社会は祖国日本の心強い力となるだろう。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com