Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[156] あしなが研修生を迎えて  2011/03/22 20:44:07
掲載日:04/01/2006  E-Mail  Home
 3月25日、研修プログラムを終えたあしなが育英会の学生・6人のために送別会が行われた。3週間の思い出を、溢れる思いに身振りをいれ、時には涙を浮かべ一人一人が語った。

 あしなが育英会は、片親または両親を亡くしたか重度の障害で働けない家庭の子供達に教育の機会を与えることを目的とする非営利団体である。自分も幼時に父親を失い母親の手で育てられたので身に覚えがあるが、親を失った子供達は様々なハンディキャップを背負う。経済的にも厳しいが、学校参観日、遠足のとき、家庭調査のとき、入学願書や就職願いを書くときなど、折に触れて親のない辛さを味わう。

 だから・・・普段は肩肘を張って身を固くする彼等には人の親切が身に沁みる。この研修を通じて知った人の情けが、ふと掛けられた一言が深く心に響くのだ。送別会の一人一人のスピーチにはそれらの思いが溢れていた。取材に訪れたメディアの人たちも胸に迫る思いを抱えてメモを取っていた。

 彼らが何を得たか、本部からの礼状がすべてを語っている。

 「事後研修を通して聞いた彼らの体験談からは、みなさまの多大な愛情を感じずにはいられませんでした。愛する肉親を亡くし寂しい思いを抱えた経験のある彼らにとって、日系商工会議所や、敬老ホームの方々に沢山の愛情のこもった言葉をかけていただいたり、新しい家族ができたことが本当に嬉しそうで、一人一人の言葉には熱がこもり、涙ぐみながら一生懸命体験談を話す研修生もいました。また、大きな人生を歩まれている諸先輩方のお話しをいただき、今後の生き方をみな深く考えたようです。自分自身の改善すべき課題も持って帰ってきました。そして以前よりも、積極的に堂々と自分の意見を言うことができるようになった変化など、大きな成長ぶりを感じました。人生に前向きに、そして自分に期待できる力が強くなったのだと感じました。
これからの彼らの人生が、よりワイドに深く、他者への愛情に溢れたものになるだろうと確信しています。広大な大地で、みなさま方の大きな愛情をいただき、3週間という時間では得られないほど多くのものを与えてくださったことに心より感謝申し上げます。」
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com