Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[150] ピロリ菌発見者にノーベル賞  2011/03/22 20:29:04
掲載日:10/15/2005  E-Mail  Home
 今年のノーベル医学生理学賞にピロリ菌を発見した二人が選ばれた。一人は豪州・オーストラリア大学のバリー・マーシャル教授、もう一人はロビン・ウォーレン名誉教授である。

 ピロリ菌は胃の中に住み、食べたものすべてを溶かしてしまうあの強烈な胃酸の中で生き続けることができる不思議な菌だ。この菌はしっかりと胃壁に取り付き自分の城を築いてしまう。この結果、周辺に炎症が生じこれが潰瘍に発展する。このようにしてピロリ菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因になっている。

 ピロリ菌の保菌者はアジア系に多く、日本人は65%以上の人が持っているという。感染の判定はいたって簡単、与えられたビニール袋を口に押し当て息を吹き込むだけ。この呼気を分析すると保菌者か否かがわかる。保菌の判定が出ると念のため胃の内視鏡検査を行うが、ピロリ菌退治はいたって簡単、10日間2種類の抗生物質を飲むだけである。その間の制限はアルコール類の禁止のみ。

 さて、自分の場合、10日間の治療期間を経て更に2〜3日様子をみた。自覚症状のある病気ではないので治ったかどうかも自分では判定がつかない。久し振りに快気祝いと称し一人で祝杯を上げた。すると何とその晩からだのあちこちが痒く方々に斑点が出て一番ひどい足首は2倍ほどに腫れ上がった。どうもピロリ菌退治と共に体質が変わりアルコール・アレルギーになったらしい。数週間を経て検査をしてもらうと見事に除菌されていた。

 その後、食事やお酒も美味しいし胃の調子もよい。こんな簡単な検査と治療で胃潰瘍や胃がんの予防ができるのかと驚いた。ピロリ菌保菌者がすべて胃潰瘍になったり胃がんになるわけではない。しかし胃潰瘍や胃がんの患者がほとんどピロリ菌保持者だということは相関関係が明らかである。

 こんなに簡単な治療法、みなさんも是非検査を受けることをお勧めしたい。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com