Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[141] 身に沁みた身内の温かさ  2011/03/22 20:24:02
掲載日:01/05/2005  E-Mail  Home
 久し振りの日本行き。出発直前に荷物を詰め込んでいてぎっくり腰。大したダメージではなかったが日本に着いて翌朝は相当な痛みに襲われた。着いた翌日から海外日系人大会への出席や出版記念会の準備などかなりなハードスケジュールが組まれている。

 宿となった会場近くの姪の家には姉が泊り込みで湿布薬だマッサージだと世話を焼いてくれる。姪も子供の世話や仕事の合間を縫って車で送り迎えをしてくれる。東京での行事が終わり座間の弟宅では一家を上げての歓迎に加え超多忙の弟までがマッサージ。

 翌日は名古屋の姉のうちへ。挨拶に来た甥が車で新幹線の小田原駅まで一家揃って車を飛ばしてくれた。小田原駅でJR レールパスの発行にパスポートが必要なのが判明。昨夜みんなができるだけ荷物を軽くしようと大きなスーツケースに詰め替えたときにパスポートも入ってしまったらしい。急遽座間まで引き返したが、その間携帯電話には3人の姉や妹から頻繁に電話がかかり、「新横浜の方が便数が多い」「これに乗れば名古屋には何時に着くから車で迎えに行く。その次ならこの便で」とうるさいほど。

 名古屋では姉が銘酒をそろえ湿布薬を用意し、風呂に入れば頭を洗い背中を流してくれる。自分は本当にこんなにしてもらう価値があるのだろうか?今までみんなに何をしてあげたのだろう?と申し訳ない思いが頭をよぎる。

 訪日の目的の一つが母の13回忌だったが、シャワーのように降り注がれる身内の温かいもてなしに母の愛にも劣らない愛を感じた。「ああ、身内とはこのようにありがたいものか」と身に沁みた。これはやはり海を隔てて遠くに住んでいる者の特権か?近くにいればこうまでしてもらえないだろうに・・・。

 帰りの飛行機で借りた杖をどこかへ置き忘れたのに気づいた。身内の温かいもてなしがいつの間にか腰痛を溶かしてくれたらしい。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com