Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[137] テロを根絶するには  2011/03/22 20:21:21
掲載日:09/18/2004  E-Mail  Home
 大統領選挙が近づきブッシュ、ケリー両陣営の攻防が熾烈さを増してきた。ここへきてブッシュ陣営がケリー陣営を10%以上引き離している。選挙の争点はテロでありイラク戦争だ。ブッシュが大統領になってアメリカの政策は一変した。環境保護をうたった京都議定書の批准を拒否し、国連や各国との国際協調を振り捨てて一国単独主義の色合いを鮮明にした。ワールド・トレードセンター・ビルを襲った911のテロ以降は正に一人わが道を行く感がある。

 アメリカ以外の各国の世論調査では、断然ケリー(というよりは反ブッシュ)の方が支持率が高い。冷戦崩壊後のアメリカ一国のみが突出した世界にあっては、アメリカの大統領選挙は他国にとっても他人事ではない。米大統領の方針により明日にも重大な影響がわが身に降りかかってくるからだ。

 今まで普通に日常生活を営んでいた国へ突然世界最強の武器を持った軍隊が押し寄せ、抵抗するべくもない空からの爆撃、戦車による掃討作戦、無差別な逮捕と拷問が行われる。それは日常生活を送っていた民家へ機関銃や自動小銃で重装備をした強盗団が押し入ったようなものだ。器物は破壊され家族は殴られ殺されてゆく中で人々は何ができるのだろう。家族を守るため機関銃や自動小銃に向かって自分の身を捨てて素手で突進してゆくほかないではないか。人々はテロが起きるたびに非人道的だと非難する。しかし追い詰められた人々にとって他にどんな手段があるというのか?

 自分の命を投げ出すのはこのような状況で起きる。テロは絶望から起きるのだ。テロを根絶する方法は抑え込むことではない。人々に希望を与えればよいのだ。殺しても殺してもテロの志願者はあとを絶たない。若者に明日への希望がなく目の前に理不尽な暴力が横行し自分たちの民族の誇りが踏みにじられてゆく・・・・。

 日本の神風特攻隊として散っていった若者たち、「自分は明日大空へ散ってゆきます。アメリカ軍が本土へ上陸して日本民族が滅んでしまっても、ここに誇りを持って命を懸け抵抗した私たちがいたことは歴史に残るでしょう。やがていつの日か、灰の中からその誇りゆえに日本民族が再び立ち上がる日が来ることを信じています。」

 もう一度強調したい。「テロは絶望から起きる。テロの根絶には人々に希望を、若者に明日への夢を!」と。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com