Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[127] ゼミ生からの帰国メッセージ  2011/03/22 16:25:33
掲載日:12/20/2003  E-Mail  Home
 大学の先生の依頼で始まった海外ゼミ研修、今年は17名と予想を超える人数となった。わずか10日間で彼らは見事に変わって行く。毎年それが楽しみで続けている。彼らが何を感じ何を考えたか以下にご紹介したい。

 この10日間で学んだものは予想をはるかに超える多さで、毎日が驚きと発見の繰り返しでした。今までそれなりに自信をもって生きてきて、それなりに日本が好きでした。けれどその理由を真剣に一から考えた事など、正直ありませんでした。日本人としての誇り、国際人としての生き方。この2つをうまく合わせて生きてゆくためには自分は何をすればよいのか、もう一度よく考えたいと思います。

 今年はプロジェクトリーダーとして参加させていただきましたが、私自身昨年以上に自分について深く考え、将来についていろいろな選択肢を考えることができました。また、参加者全員で、海外研修の素晴らしい経験、感動を共有できたことも大変嬉しく思っております。今回は、各企業担当、御礼状担当、ミーティング担当など割り振り、それぞれが責任を持って役割を担ったことが成功につながりました。
 私は今回の研修で、海外で生活するための生の常識や現地の人でないと知らない常識をみんなに身につけて欲しいと思っていました。そういった点では僕のアドバイスを受け入れてくれ、良い収穫が得られたと思います。しかし、そればかりに気をとられていた私は「日本人として生きる」というもっと大きなテーマを忘れていた気がします。高校時代に現地人として生きることを目標としていた自分にはなかった考えかもしれません。日本人であることにプライドを持ってはいましたが、実際に日系人の歴史やアメリカで育まれた日本人文化についての知識がないままでは本当に日本人として生きることはできていなかったような気がします。

 考えること、歴史理解と英語の重要性を一番痛感いたしました。「自分に誇りを持つ」ということを第一に考え、これからがんばりたいと思います。

 多くの人達の協力でできた研修、お世話になった人達へ感謝を込めて彼らの思いを伝えたい。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com