Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[114] サンタが町にやって来た  2011/03/22 16:15:54
掲載日:12/14/2002  E-Mail  Home
 我が家での夕食会の最中、急に外が騒がしくなった。話し声や人々のざわめきに混じってクリスマス・ソングが聞こえてくる。「んーっ?」怪訝そうな顔を見合わせる友人たち。「そうだっ!サンタがやって来た!」。カメラを引っ掴み、みんなで外へ飛び出ると、道路の角に赤と青の警告燈をキラめかした車が一台、景気の良い浮き立つようなクリスマス・ソングを鳴らしその周りに人、人、人。普段は静かなこの住宅地にどこから湧いたか大勢の人たちが集まってくる。

 通りのはるか向こうにもう一台、派手なイルミネーションを光らせた車を中心に大勢の人たちが集まっている。やがてその車は動き出しゆっくりと近づいてきて目の前に止まった。夜目にもくっきりと浮かぶトナカイが2列に12頭並び星空に駆け上がる模型のそりに、赤い帽子に赤い服、真っ白なヒゲに覆われ丸いメガネをかけたサンタがどっかと腰を下ろしている。

 周りを取り囲んだ人たちはみんな顔なじみの近所の人達だ。マイクがいる、スーザンがいる、ドリスにハーバート、チャックにマーク。てんでにカメラやビデオを持ち子供たちを引き連れている。子供たちは次々とステップを上がりサンタさんに抱かれて記念写真。人々の笑い声、子供の叫び声。どの顔も輝いている。車の横には「Torrance Police Officers Association」のサイン。「あれっ! いつもは消防署のはずだが?」恒例のこの行事は今年から警察署に変わったのかな?それとも消防署もやがてやってくるのだろうか?

 アメリカの自治組織は面白い。シティが自前の警察署や消防署を持っている。小さな市で自前の警察署や消防署を持てないところはお金を払ってロスアンゼル市などにそのサービスを委託する。教育も一定の自治区毎に教育委員会をおき教科書も独自、教育委員長は選挙で選ばれる。「自分たちのコミュニティは自分たちで好きなように作り上げ運営する」のが原則。そのためにはお金も出し、時間があればボランティアも厭わない。だから警察署や消防署も常に住民の意向に注意を向けている。「民が主人」だから民主主義。これがアメリカ社会の原点のようだ。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com