Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[113] アートなくして景気回復なし!?  2011/03/22 16:15:12
掲載日:11/16/2002  E-Mail  Home
 「193億円」文化庁が平成14年度「文化芸術創造プラン」に組んだ予算である。「日本再生の鍵はアートが握っている?」というテーマでNHKが番組を組み、インターネットで視聴者からの声を募り、誰でもが参加できるディベートをの試みが行われている。テーマを今風にもじれば「アートなくして景気回復なし!?」

 気になるのは、アートを経済効果に結びつける論調が目立つことだ。映画を観、音楽を聴き、絵画を眺めるとき人は時に言い知れない感動を覚える。感動は感激に変わり、それが続けば情熱になる。情熱が沸騰してくると人々は行動を起こす。内なる声、内なるエネルギーに衝き動かされて動かざるを得なくなる。

 アートは人々にこのような感動する感性、情熱を呼び覚ます力を持っている。アートが直接に経済効果をもたらすのではなく、人々に情熱と前向きの志向を呼び覚ます力があるから社会が活性化するのだ。

 世界にはまだまだアートには無関係の人々が多くいる。その日その日をどうして生き延びてゆくかで精一杯だ。しかしそれぞれが生き甲斐を持っている。目の前に自分の生き甲斐を持つこと、情熱を注ぐ対象があること、それが人の人生を豊かにする。最後に日本からベトナムを訪れた友人の便りを紹介したい。

 10月22日から8日間、ハノイとホーチミンへ行ってきました。・・中略・・町には、バイクがあふれ、それに1〜5人が乗り、みんな意気揚揚と走っています。信号も中央帯・路側帯もなく、警官も少なく、事故が起こらないのが奇跡のような風景でした。でも、家族が恋人が、バイクに乗るのが一つのステータスかのように、きらきらした瞳なのです。肩寄せあって、見詰め合って、背中にしっかり抱きつく様子に、日本が忘れてきたものや通ってきた道を振り返る思いがしました。今、ベトナム研究をする経済学者や通いつめる若者が多いのが、分かる気がします。振り出しに戻れるような開放感や活気があるのです。排気ガスと麻薬が問題と聞いて、ショックでしたが。しかし、未だ、一般犯罪は少なく、善良であり、すれていない人達でした。

 今、日本は空前のベトナムばやりです。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com