Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[111] LOFTE国際展覧会  2011/03/22 16:13:38
掲載日:09/21/2002  E-Mail  Home
 Lantern of the East 略してLOFTEと名付けたこの団体は、西洋主導で商業主義に陥っている美術界を嘆き、「光は東方よりやって来る」をモットーに純粋芸術運動を目指して旗揚げした芸術家集団だ。彼らは「売らんがための作品でなく、本当に心の底から作りたい衝動に駆られて作った作品が人々の心を打つのだ。」「人々は単に美しいだけでなく心に響く精神的なものを美術作品に求め始めている。それは東洋にこそ色濃く存在する。」という思いが強い。

 その第10回国際芸術祭がロスアンゼルスで始まった。左手に全米一の貨物量を誇る港を擁し、紺碧の太平洋を一望に望むサンペドロの丘の上でアートキャンプが行われている。各国から招待されたアーティスト達が次々と集まってきた。「何だこの食べ物は」「このホテルはまるでジェイルだ」「車をよこせ」と様々な問題が発生するなかで、「受入側も芸術家だぞ。問題があれば我々全体の問題だ。文句を言う前に解決策を話し合おう。」

 多民族が集まり一つ屋根の下で暮らせばその多様な文化的背景の違いから考え方や行動の違いで摩擦が生じるのは当然だ。それを乗り越えアートという世界の共通語で理解を深めて行く、そこに文化の融合があり、まったく新しい文化の生まれる可能性がある。これがアートキャンプのねらいでもある。

 いよいよ10月からLOFTEの国際展覧会が始まる。28ヶ国から126人のアーティストを集めて行われるこの展覧会は、10月4日にホテル・ニューオータニでオープンニング・レセプションを開く。お祝いのメッセージを寄せてくれたデービス州知事やハーン市長をはじめ、国会議員や関係各国の総領事にも招待状を出して行われるこのパーティは、未来への実験都市として多人種・多文化融合の道を模索するロスアンゼルスの象徴的な催しとなるだろう。

 すでに河野総領事・韓国の総領事をはじめ招待客から出席の返事が届きはじめた。多くのコミュニティが共同で行うこのパーティに日系社会からも多くの人が参加してくれることを心から願うものである。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com