Wakao & Associates, Inc.
| HOME | SITEMAP | CONTACT US |    
NEWSProfileData LibraryPersonal Activityblank


Personal Activity
磁針 コラム
JACAL会
シーホースクラブ
JOVA
オーロラファンデーション

 年代別
 Generation distinction

日米・地域のWA

磁針 -コラム-

”磁針”は日刊紙”羅府新報”に掲載されるコラムです。

 記事題名表示本文一覧表示

スレッド表示

[103] 地域に定着したJERC  2011/03/22 16:03:25
掲載日:02/09/2002  E-Mail  Home
 ある日、友人の紹介で4才の女の子を連れた母親の訪問を受けた。教育の悩みの相談で、子供にはネイティブな英語が話せるように日本人の少ない現地校へ通わせたいし、といっていきなり言葉のわからない世界へ幼い子供を放り込むのもかわいそうだと親の心は揺れている。悩みを聞いてJERCを紹介した。

 JERC(Japanese Educational Resource Center)は、サウスベイのボランティアで運営される教育サポートの非営利団体だ。実質的な活動はお母さん達のボランティアで行われ、当地で学ぶ日本人子女と親のために毎月の教育オリエンテーションをはじめ様々な教育関連サポートを行っている。ボランティア達はアメリカでの子育てを経験し、現地校の事情にも詳しくかなり的確なカウンセリングもできる。

 特に新来者にありがたいのは、今までのノウハウと情報を凝縮した「教育ハンドブック」だ。中味は、1)現地校で学ばせるということ、2)この地域の教育システム、3)学校のシステムと生活、4)渡航前の準備、5)入学・編入の手続き、6)その他の教育機関、7)図書館、8)コミュニティ活動、9)コミュニティ・サービス、10)海外生活における親の心構え、11)学校で使用される主な用語 と教育関連情報を網羅している。

 今夜はそのJERCの7周年記念パーティ。賛同する企業・個人会員に支えられ7年目を迎えたJERCはすっかり地域にはなくてはならない組織へと定着した。パーティにはアメリカ人も交わり、名物司会者の日本語の片言に会場には笑い声が絶えない。

 かつて「醜いアヒルの子」といわた帰国子女達は、大きく社会のシステムが変わりつつある日本で「白鳥」となって活躍を始めている。JERCを訪ねて「何とか教育の指針が見えてきました。」と語った例の母親笑顔がその効果を物語っていた。
[削除] [編集]  


Copy Rights 2002 WAKAO & ASSOCIATES All rights reserved. wakao@wakao.com